空色ゼリー

日々の雑記。 大好きな音楽のこと。 すてきな雑貨屋さんのこと。

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、ゴロゴロしていたら夜九時に寝てしまい、今日は朝の3時に目が覚めてしまいました。

そんなわけで、ライムスターのラジオ『WANTED』月曜日。
久々に生で聞いてしまいました。

昨日、すごかった!!
最初からスタジオライブだもの。

3時台に1回、4時台に1回、スタジオライブがありました。

しかも、途中の「音楽は素晴らしい!」はライムスターの外仕事編。

ダメレコから出るやつが凄く気になります。

そういえば、ダメレコのダースレイダーって去年の今頃、マンクに出てて、その時はCDの原価話とかしちゃって、なんだろう鼻持ちならない奴だなぁ~みたいに思っていたのに!!!
若干、ライムス兄貴も引き気味だった(と、思う)のに、今回、低予算でアウトキャストみたいな曲を、Dさんに作ってくれと依頼する、その図太さ・・・間違ってなかったね。

KEN THE 390さんの名前は聞いたことあったけど、実際に声を聞くのは初めてで、すごい早口ラップが気持ちよかったし、近未来みたいなDさんのトラックも良かった~!!!
早く、発売されないかなぁ~。
ダメレコなのに、Dさんが関与した事で、若干高めだともいってた(笑)

JINさんの、ジュラシック5のリミックスも・・・なんで発売しないんだろう。JINさんのリミックスが気に入らないワケではないらしいけど。

ジュラシック5のカット・ケミストが脱退とか、この間なんかの雑誌に書かれてたしな~、その辺の大人の事情かな?

うー、やっぱり、ライムスターって最高ね!!!
2時間ずっと興奮しっぱなしだったし。


何だか、一辺に全部書く気力がない・・・
ということで、つづきです。

コブクロの2人が登場すると、1階の後ろ側と2階の人達が一斉に立ち上がりました。
今までにない反応!!

きっと、一般枠の人はコブクロが見たくて来たんでしょう。

一曲目は、ドラマの主題歌にもなっている、
「君と言う名の翼」
こちらもすごくうまい。

黒田さん(背の高い方の人)の声が、
「ゴスペラーズの村上さん(グラサンしてる人)をちょっと優しくしたみたいな声だね!」
と妹がいってました。

そして、トークも面白かったです。
小渕さんはずーっと、曲に対して一生懸命しゃべっていて、それが年上の人にも関らずすごく可愛くて!ホントに一生懸命しゃべってるのが分るんです。
「ドラマの主題歌は、久々に書き下ろしで、ドラマが出来る前にぱぁって曲が想い浮かんで・・・」
って一生懸命しゃべった後、思い出したように、
「あっ、コブクロの小渕です。」
みたいな(笑)
すかさず黒田さんが、
「相方が緊張しているのがひしひし伝わってきます、黒田です。」
と挨拶。

やっぱり、緊張するんだね~。そりゃ、ステージから見えるところ、お偉いさんばっかりだもんね。

黒田さんがそれをしっかりフォローしてました。

「気になってる人がいると思いますので、お伝えしますと早実が優勝しました。これで心置きなくライブを楽しんでいってください。」
という、黒田さんの挨拶の後、
また
『あなたへと続く道』
を歌い、そして
『桜』
も披露。

『桜』
は本当に圧巻でした。最後、音が小さくなったなぁ~と思ったらそのまま2人がマイクから離れていってアカペラへ移行。

アカペラでも十分聞き取れる、声量で。
そして、痛いくらいにシーンと静まった、東京国際フォーラム。
本当に息が出来ないくらいシーンとしている中でのアカペラって、いつまでも聴いていたいくらい気持ちがよく、ずっと続くといいなぁ~と思うほどでした。

その後、少しコブクロのトークがあり、
そこでは、
「緊張するな」
と、黒田さんが小渕の肩を揉み(笑)
小渕さんは、
「話すことが好きなので、どうしても話が長くなってしまう」
と、延々一人で一生懸命しゃべってました。

コブクロについて私は詳しくないのですが、
「大阪でストリートライブをしている時には、警察の人にあっちいけ、こっちいけって、色々移動させられていた」
らしいです。その時の経験が、生きたと。

多分、そういう苦労を、苦労だと思わずに、自分の糧に出来る人が、成功する人なんだろうなぁ~と、小渕さんの話を聞いていておもいました。

そして、最後は絢香ちゃんを呼び込んで、なんとセッション!!
「winding road」
というコラボ曲を初披露してくれました。

テレビ番組で一緒になった時に、絢香ちゃんの方から持ちかけたらしい。
すごい!絢香!!普通、新人がそういう話って持ちかけられなくないです?大物の予感。

スタジオで12時間くらいの間に出来て、絢香がなんかの紙の裏に、歌詞を書きなぐって完成したらしいです。

曲自体は、コブクロの優しさに絢香の力強さがあいまって、どちらかというと好きなタイプの曲で。
ただ、緊張していたのか、絢香が若干強すぎるような・・・これは、何回も練習していくうちに、しっくりしてくることなんだろうけど。

出来て間もない曲だから、ぎこちないとまでは行かないけれど、すごい若々しい曲でした。

この曲を最後に、今回のコンベンションは終了しました。

今年一年は色々なジャンルの曲を聴くことを、目標としているので、沢山のライブにお邪魔しているのですが、そのなかでも、当たりだな!と思ったライブでした。






RIP SLYMEが退場した後は、
またアーティストのPVに乗せての近況報告が。

気になったには、森大輔さん。

何がどう、とかはうまく言えないのですが、名前をばっちり覚えているので私の心の琴線にどこか引っかかるものがあったみたいです。

そして、
いよいよ絢香の登場!!

歌、すごくうまいです。
月9の主題歌ももちろん歌ってくれました。
「ワン・ツー・スリー」
という曲が、よかった!ちょっとジャジーでダーティーな曲で。

9月にリリースされる新曲も歌ってました。
言っていいのか分らないので、とりあえず企業名は伏せますが、CMのタイアップがすでに決まってます。

壮大なバラードでした。

てか絢香さん!しゃべりもイケるね!!

どうやら1階と2階では(当たり前だけど)温度差があるらしくて、
1階の関係者席は見ないで歌おう!と言ってました。

去年はデビュー前に、同じ舞台で歌って、しかも関係者しかいなかったからすごく緊張したらしいです。

絢香が4曲ほど歌って捌けた後、
コーネリアスがPICK UPされてました。

私、これにも興奮!!
どうしよう、出てきちゃったら!!とまたもや興奮しましたが、残念。コメントと今日の為に編集した映像のみでした。

コーネリアス~!!
5年ぶりかぁ~、楽しみだよ!!

失礼だけど私の中で、勝手に教授(坂本龍一)の後継者だと思っているので。もう、前にMステで競演した時に、一人興奮でした。

って話を戻して。

それから、最後にトリとして、コブクロが登場!




要は、ワーナーの新人さんお披露目会的な・・・

もともと業界向けのイベントで、関係者だけしか入れないのですが、今回だけ一般の人1200人程招待枠で入ることが出来たイベントです。

私はバイト先の関係で入れてもらいました。
遠くも近くもない席でちょうど中心の位置にいました。


1階に関係者。
2階に一般の方。

17:30分からの2部では、一般の方も交えてワーナーミュージックジャパン所属のアーティストについて一人ひとり、映像を見ていく感じでした。
紹介って言っても、PV30秒と字幕で説明。みたいな簡単なもので。

司会は、鮎外健さんでした。
TVの「ジャパンカウントダウン」大好きなので、本物の登場にはびっくり。

事前に

コブクロ
絢香

の二組については、パフォーマンスがあるよ!って事が知らされていたので、まぁ期待はしてなかったんですけど・・・

やっぱりワーナーって事で、
RIP SLYME
にも期待しちゃうじゃないですか!!

でも、妹と
「絶対ないよね」
「私、リップが来たら恥ずかしい事叫んだっていいよ!!」

とか言ってたら・・・
言ってたら・・・
本当に来ちゃったよ!!RIP SLYMEが!!

何か、ボニーピンクから始まった、アーティスト紹介で、

「PICK UP!アーティスト」としてRIP SLYMEの名前が挙がったんですね。
そして、今年の活動を振り返る感じで
『Hot chocolate』からのPVが流れたんです。
そして、『ラヴぃ』のPVが流れたあと、
画面に、
「そして、8月21日・・・」

みたいな字幕が出たので
まさかね(半信半疑)の状態でいたら・・・
4人が登場!!

でもね、会場にいたのはコブクロと絢香のファンだらけだったと思うんですよ。事前にリップが来ること告知もされてないし。

だから、結構落ち着いた感じでした。

特に、パフォーマンスをしたわけでもなく、普通にインタビューしていて、
アルバムの題名の発表とレコーディング中の話が主でした。

まだ4人でしたが、アルバムのレコーディングの合間に来たらしい。
SUさん曰く、合間なので衣装ではなく、私服で来たみたいです(ホントかどうかわからないけど・・・)ジーンズに上ジャケット。バトファンのPVみたいな格好をしてました。

みなさん!レコーディングは順調みたいですよ!!
進み具合を聞かれてRYO-Z君、

「まぁ、7~8割りは・・・出来てない(笑)」
と、いってました。
ダメじゃん!
でも、トラックは出来てるので大丈夫とのこと。

後は~
レコーディングのスタジオまで、みんな自転車で来てるらしいです。
PESさんは途中で訂正して
「俺は違う」
と言ってましたが、SUさんは50分もこいでいるらしい。

レコーディングに入る前に、まず休憩があって、それからレコーディングだから進みが遅いんじゃないか・・・と言ってました。

これくらいですかね?
ホント、10分くらいの話ですが、
私と妹はびっくりしてしまって!!

まさか会えると思いませんでした。
皆さん終始にこやかで、PESさんとかしきりに手を振ってました。
イルマリさんはすごいしゃべるし。

コンベンションってすごいなぁ~と。

他にもね、PICK UPアーティスト、いたんですが、実際に登場したのはRIP SLYMEだけでした。

「きっとワーナー、今年RIP SLYMEに気合いれてるんじゃない?」

と思うくらい、わざわざリップが来たのが不思議でしたよ。

以上、自分の家にいないので詳しくはかけませんが、どうしてもRIPの事だけ書きたくて、携帯で頑張りました。

ホント、びっくりした~。

コブクロさん達については、また明日にでも。



セットリスト

UNDER LINE No.5
GALAXY
UNDER THE SUN
楽園ベイベー
FRESH
チェッカーフラッグ
HOTTER THAN JULY


Bay the way(最初だけ)
運命共同体
Hey,Brother
One
黄昏サラウンド

ラヴぃ

メンバー紹介


Rock it!
Hot chocolate
STEPPER'S DELIGHT

ワンダフル(新曲)
FUNKASTIC
雑念エンタテインメント
マタ逢ウ日マデ


〈アンコール〉
失楽園ベイベー
Tokyo classic
JOINT


こんな感じでしょうか??
もうね、終わった後直ぐは興奮して、全然曲覚えてなくて。

日が経つにつれて、だんだんと思い出してきました。

12日は、完全にお休みの日だったので、3時くらいにはお台場に着き、ヴィーナスフォートで、セール商品を眺め・・・
サンウォークのペットショップで犬と戯れ(笑)
6時に妹と合流して、ヴィーナスフォートでご飯を食べて、開場まで過ごしました。


開場は19時で、私達は1100番台だったので19:20位に中に入る事ができました。

そのままドリンクを引き換えて、中に入ると、人人人!!だけど、2番目のバーくらいまではすんなり行く事ができました。

まっ、このぐらいでいいやね?

と妹と、話しながらすでに始まっているDJ NONのプレイをゆったり聴いていました。

甘かった!
私達、完璧になめてたね(笑)
そもそも、スタンディングで自分の場所なんて、自分で決められるもんじゃない!!

オープニングアクトが、WISEさんだったんだけど、WISEさんが出てきた瞬間に、押され押されて、何故か2列目!?

流れに逆らわず、なすがままに流されていったら、大変な事になっちゃったYO!
それまでのゆったり感はドコに行った・・・なんか波乱の予感。。

WISEさんは、公式BLOGとかテリヤキDVDとかで顔も声も知っているので、初めて見た気が全くせず。

そのまんま、肌が白くてきれいで、もちもちしてました。

偉くカミカミだったけど、後で知った話、この日は風邪で頭がボーっとしてたそうで・・・
そんな中、あれだけ会場ROCK!出来たMr.wise!凄い。フリースタイルも決まってたし。

お決まりの
「皆さん盛り上がってますか?」
とか、
「一瞬一瞬大切にしてますか?」
とかも聞けました。(あとで、RIPメンバーに散々ネタにされていました)

DJ NONさん、こちらも初めて会った気がしないのですが、途中ピースとかしてましたね。ニコニコしてました。
途中のMCで、「中学生日記」に出た話とかしてました。
その時のセリフが
「俺だってわかんないよ。」
らしい(爆)

『moment』しか曲名が分らなかったけど、でも何だか盛り上がってRIP SLYMEを迎える事が出来たので、オープニングアクトとしては成功なんじゃないでしょうか。

次はwise君の単独ライブとかイベントに行ってみたいです。


そして、いい感じでRIP SLYMEを迎える会場では、照明が消えるとともに、すごいモッシュ!!!
私と妹はこの時にはぐれてしまいました。

しかも、一曲目から私あんまり聞いたことない曲だったし。。
だから、一曲目に関しては、押された・妹とはぐれた・ドコ?ドコ?ってあわあわしてた記憶しかなくて。

2曲目の「GALAXY」
では、入る前に、軽くリョウジ君の挨拶があり、10・9・8とカウントダウンして曲にはいりました。でも周りの人の歓声がすごくて、リップメンバーの声は聞こえるんだけど、それ以外の音が全く聞こえなくて、途中からベースだけやっと聞こえるようになりました。凄いなお客さん。みんな、最初から飛ばしてるな~と変に素にもどり感激。

そこから先は、全く覚えてナッシング・・・

ところどころ、覚えている事を箇条書きすると・・・

・MCは、ほぼリョウジ君担当。

・「Hey,Brother」ではイルマリさん、PESさんが肩組んで歌ってました。それを後ろのほうで、見守るSUさんとリョウジ君。SUさん、「丁度色が分かれてるよね」とOFFマイクでリョウジ君としゃべってた。衣装のTシャツが、イルマリさん、PESさんは暖色で、リョウジ君、SUさんは寒色系だったからだと思う。

・ヘイブラでは、後ろモニターに間宮兄弟の映像が。

・「One」でSUさん若干涙目に?

・「ラヴぃ」の後の自己紹介では、PESさん凄いテンションで「皆大好き!」と言い、会場メロメロ(笑)もう、隣の女の子半分溶けてた。

・FUMIYAさんは、家で体育座りでお留守番しているらしい(リョウジ君談)

・そんなDJ FUMIYAによる新曲「ワンダフル」←英語表記かどうか分らないので。途中のラインダンスとか、SUさんの歌詞で「おいどん」って行ってた所が、耳から離れず。「おいどんって言った!何だおいどんって!」と一人興奮。

・「失楽園ベイベー」うん。意外とコッチのバージョンもイケる!湿っぽくはない。失楽園っていうより、避暑地みたいな。涼しい感じ。

・アンコールの最後で、PESさんエアギターならぬ、ほうきギターを披露


こんな所。


「黄昏サラウンド」
が、一番印象に残っていたので、これだけ別個に。
この曲って、すごいしんみりした曲ですよね!?少なくとも私は、そう思ってました。楽しいけどその中で感じるふとした寂しさとか、儚さとか。
しかし、今日の「黄昏サラウンド」は・・・
会場、ヒートアップしすぎて、皆大合唱(笑)

私、「黄昏~」がこんなに盛り上がる曲だとは知りませんでした。
でも、それがイヤだって訳ではなく。これもありかなと思って。
寂しくなったら、みんなで歌えば寂しくないでしょ。っていわれてるようなそんな気になり。
あぁ、温かい会場だなぁ~、今日はいいライブになるな、とこの曲の時にしみじみ思いました。

それから、途中、波にもまれてあまりにも大変だったので、もう限界と、後ろに行こうと思ったら、最前の手すりのお兄さんが、ちょっと横によけてくれて、最前の列に入れてくれました。ありがとう、お兄さん。ずいぶん楽になりました。

妹とは、終わってから再会。
彼女は真ん中まで流されたらしい。でも、背のちっこい妹でも良く見える位置だったとのこと。よかったね。

思い出せそうな事が、まだあるのだけれど、今日はとりあえずこの辺で・・・








«  | HOME |  »

プロフィール

kanami

Author:kanami
20代前半・女子



好き:マシュマロ、紅茶、川上弘美、司馬遼太郎、坂本龍一、漫画、ゲーム、代官山、ドイツ、ブルー、手のきれいな人、スニーカー、スカート、アロマキャンドル

嫌い:甘い飲み物、海水浴、ヘッドフォン(耳が悪くなりそうで怖い)、ジーンズ(カッコよく履けない)、恋愛映画、指輪など手に何かをつけること(落ち着かない)

ハマリもの:ハリボーのグミ


ランキング参加中!







カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2アフィリエイト

FC2BLOG


FC2カウンター


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ドレミFlash


ブログ内検索


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。