空色ゼリー

日々の雑記。 大好きな音楽のこと。 すてきな雑貨屋さんのこと。

2006-07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ2,3日話題の、例の芸人さんの事件を知って。

あー、人間ってこんな一瞬ですべてを失っちゃうんだ・・・

と、なんだか凄くむなしくなってしまいました。
もちろん、今回の事は、その人が悪いのだろうけど。
でも、芸能界って所は、自分の地位を保つのが、凄く難しい所なんじゃないかなぁと。

普通に生きて、段々人気がなくなり、いつの間にかいなくなってる人。
犯罪を犯して、歴史に名を残す人。

色々いますわな。

私の好きな人達にも、トップを極め、未だに走り続ける人。
トップなんか興味ないぜ。って公言しちゃってる人。
色々いますが、

そんな中、トップを走る人が、
「いつか売れなくなるのは分っているから、だから不安はない」

みたいな事を言っていて。強い人だと思いました。
私だったら、いつか売れなくなるのがわかっていても、それでも不安になると思う。
あせってあせって、周りに当たってきっと大変だろうな。

何だか、今日はしんみり。。。




スポンサーサイト

セットリスト

UNDER LINE No.5
GALAXY
UNDER THE SUN
楽園ベイベー
FRESH
チェッカーフラッグ
HOTTER THAN JULY


Bay the way(最初だけ)
運命共同体
Hey,Brother
One
黄昏サラウンド

ラヴぃ

メンバー紹介


Rock it!
Hot chocolate
STEPPER'S DELIGHT

ワンダフル(新曲)
FUNKASTIC
雑念エンタテインメント
マタ逢ウ日マデ


〈アンコール〉
失楽園ベイベー
Tokyo classic
JOINT


こんな感じでしょうか??
もうね、終わった後直ぐは興奮して、全然曲覚えてなくて。

日が経つにつれて、だんだんと思い出してきました。

12日は、完全にお休みの日だったので、3時くらいにはお台場に着き、ヴィーナスフォートで、セール商品を眺め・・・
サンウォークのペットショップで犬と戯れ(笑)
6時に妹と合流して、ヴィーナスフォートでご飯を食べて、開場まで過ごしました。


開場は19時で、私達は1100番台だったので19:20位に中に入る事ができました。

そのままドリンクを引き換えて、中に入ると、人人人!!だけど、2番目のバーくらいまではすんなり行く事ができました。

まっ、このぐらいでいいやね?

と妹と、話しながらすでに始まっているDJ NONのプレイをゆったり聴いていました。

甘かった!
私達、完璧になめてたね(笑)
そもそも、スタンディングで自分の場所なんて、自分で決められるもんじゃない!!

オープニングアクトが、WISEさんだったんだけど、WISEさんが出てきた瞬間に、押され押されて、何故か2列目!?

流れに逆らわず、なすがままに流されていったら、大変な事になっちゃったYO!
それまでのゆったり感はドコに行った・・・なんか波乱の予感。。

WISEさんは、公式BLOGとかテリヤキDVDとかで顔も声も知っているので、初めて見た気が全くせず。

そのまんま、肌が白くてきれいで、もちもちしてました。

偉くカミカミだったけど、後で知った話、この日は風邪で頭がボーっとしてたそうで・・・
そんな中、あれだけ会場ROCK!出来たMr.wise!凄い。フリースタイルも決まってたし。

お決まりの
「皆さん盛り上がってますか?」
とか、
「一瞬一瞬大切にしてますか?」
とかも聞けました。(あとで、RIPメンバーに散々ネタにされていました)

DJ NONさん、こちらも初めて会った気がしないのですが、途中ピースとかしてましたね。ニコニコしてました。
途中のMCで、「中学生日記」に出た話とかしてました。
その時のセリフが
「俺だってわかんないよ。」
らしい(爆)

『moment』しか曲名が分らなかったけど、でも何だか盛り上がってRIP SLYMEを迎える事が出来たので、オープニングアクトとしては成功なんじゃないでしょうか。

次はwise君の単独ライブとかイベントに行ってみたいです。


そして、いい感じでRIP SLYMEを迎える会場では、照明が消えるとともに、すごいモッシュ!!!
私と妹はこの時にはぐれてしまいました。

しかも、一曲目から私あんまり聞いたことない曲だったし。。
だから、一曲目に関しては、押された・妹とはぐれた・ドコ?ドコ?ってあわあわしてた記憶しかなくて。

2曲目の「GALAXY」
では、入る前に、軽くリョウジ君の挨拶があり、10・9・8とカウントダウンして曲にはいりました。でも周りの人の歓声がすごくて、リップメンバーの声は聞こえるんだけど、それ以外の音が全く聞こえなくて、途中からベースだけやっと聞こえるようになりました。凄いなお客さん。みんな、最初から飛ばしてるな~と変に素にもどり感激。

そこから先は、全く覚えてナッシング・・・

ところどころ、覚えている事を箇条書きすると・・・

・MCは、ほぼリョウジ君担当。

・「Hey,Brother」ではイルマリさん、PESさんが肩組んで歌ってました。それを後ろのほうで、見守るSUさんとリョウジ君。SUさん、「丁度色が分かれてるよね」とOFFマイクでリョウジ君としゃべってた。衣装のTシャツが、イルマリさん、PESさんは暖色で、リョウジ君、SUさんは寒色系だったからだと思う。

・ヘイブラでは、後ろモニターに間宮兄弟の映像が。

・「One」でSUさん若干涙目に?

・「ラヴぃ」の後の自己紹介では、PESさん凄いテンションで「皆大好き!」と言い、会場メロメロ(笑)もう、隣の女の子半分溶けてた。

・FUMIYAさんは、家で体育座りでお留守番しているらしい(リョウジ君談)

・そんなDJ FUMIYAによる新曲「ワンダフル」←英語表記かどうか分らないので。途中のラインダンスとか、SUさんの歌詞で「おいどん」って行ってた所が、耳から離れず。「おいどんって言った!何だおいどんって!」と一人興奮。

・「失楽園ベイベー」うん。意外とコッチのバージョンもイケる!湿っぽくはない。失楽園っていうより、避暑地みたいな。涼しい感じ。

・アンコールの最後で、PESさんエアギターならぬ、ほうきギターを披露


こんな所。


「黄昏サラウンド」
が、一番印象に残っていたので、これだけ別個に。
この曲って、すごいしんみりした曲ですよね!?少なくとも私は、そう思ってました。楽しいけどその中で感じるふとした寂しさとか、儚さとか。
しかし、今日の「黄昏サラウンド」は・・・
会場、ヒートアップしすぎて、皆大合唱(笑)

私、「黄昏~」がこんなに盛り上がる曲だとは知りませんでした。
でも、それがイヤだって訳ではなく。これもありかなと思って。
寂しくなったら、みんなで歌えば寂しくないでしょ。っていわれてるようなそんな気になり。
あぁ、温かい会場だなぁ~、今日はいいライブになるな、とこの曲の時にしみじみ思いました。

それから、途中、波にもまれてあまりにも大変だったので、もう限界と、後ろに行こうと思ったら、最前の手すりのお兄さんが、ちょっと横によけてくれて、最前の列に入れてくれました。ありがとう、お兄さん。ずいぶん楽になりました。

妹とは、終わってから再会。
彼女は真ん中まで流されたらしい。でも、背のちっこい妹でも良く見える位置だったとのこと。よかったね。

思い出せそうな事が、まだあるのだけれど、今日はとりあえずこの辺で・・・








RIP SLYMEのライブに行って、帰ってきてから、どうにもこうにも放心状態。。


やっとこさ、ブログを書く気になりました!

そういえば、携帯で記事をアップする事に成功しました!!
アップされるまでにタイムラグがあるみたいで、失敗したのかとドキドキしましたが・・・

携帯だと、長く打ったつもりでも、PCで見ると短いのね↓↓

ホントブログって奥が深い!!

いまから、リップのライブのレポ書こうと思います。
遅れ気味だけど、まぁ自分が後で思い出せるようにってことで。

20060712055903
これ!
知ってます?小岩井のハチミツオ・レ

すごく好きなんですけど、五年に一回。しかも同じ店でしか見掛けない↓↓

幸い、後4つあったので、買い占めさせて頂きました(*^ー’)b

今、携帯から書き込み中!うまくいくかな~☆

これが、出来るようになると、ブログも楽なんだけどな。。

前回のつづきです。

「りっぷとくるり」のライブ
セットリスト↓

①juice
②ナイトライダー(スペシャルver.)
③ラヴぃ


「juice」は、ホントにゆるい!ステージ上もすごいゆるかった。
いつもだと、PESさんとか、会場を楽しませようと頑張っている所もあるのだけど、今回はホント、楽しませようとしなくても、アーティスト側も楽しんでるし、私達客側も、楽しんでました。

途中の皆で変な声出して、CDだとその後、イルマリさんが笑いながら歌ってる所なんて、ホントにステージ上の皆さん楽しそうで、バカだなぁ~と(笑)



でも、この曲がもしも「リップスライム」だけの名義の曲だったら、ここまでのゆるさ、バカさ加減で発売はしなかったと思うんです。
そう考えると、リップの「バカさ」って、つくづく計算されたものなんだなぁと思えてきました。

リップの側の曲の遊びっていうのは、きっと化学反応みたいなもので、遊ぼうとして遊ぶのではなくて、色々がちゃがちゃといじくってたら、面白いものが出来ちゃった!ってノリなんだと思うんですが、

くるりはもう完全に、化学反応起こすのも、最初に一気に全部の薬剤混ぜるくらいのノリなんだと思います。(クラスに一人くらいこういうタイプいますよね)


②曲目のナイトライダーのスペシャルバージョンっていうのは、
最初、リップバージョンが普通に歌われて、
そのまま途中からくるりバージョンに移行して行くという、感じで。

出だしのスーさんの合図の出し方が、さすがライブ番長!
今日初めて、やる気のあるスーさんを見ました。

私は、くるりバージョンの方が好きかもしれないです。


ナイトライダーを歌い終わった後(ちょっと曖昧)ドラムのボーボ君が帰っていきました。
何でも
「銭湯に行かないといけない。」(リョウジ談)
みんなの「え~!」という声に、
「風呂の時間はそれぞれあるから」
と、これまた江戸っ子なお答え。

ボーボ君って、多分「juice」の最後のメンバー紹介みたいな所で何回も、呼ばれてる人ですよね?
今回、ボーボ君って名前を知るまであそこは、適当に紹介する人がいなくなっちゃたから「ボーボー」言ってるんだと思ってました。

その後「ラヴぃ」に行く前に、秘蔵写真みたいな物を見せられて、

一枚が苗場合宿の時に、イルマリさん、リョウジ君、岸田さんで行った温泉の入り口の写真で、何故か三人とも直立不動。
看板になんて書いてあったか忘れたけれど、岸田さんによると
「ちゃんとした源泉の温泉」らしいです。
普通の温泉は沸かしなおしたり、粉で(リョウジ君それは犯罪だよ!)どうにかしてるらしく、秘湯中の秘湯らしい。

二枚目が、その温泉の中の写真で、岸田さんが風呂の中なのにメガネしてました。
岸田さんの話によると、イルマリさんが完全に温泉と同化していたらしい。

イルマリ「お母さんは~(よく聞こえなかった)ていう名前です」
リョウジ「フィンランド人なのに虫歯あるもんね」
イルマリ「かる~くね2・3本。でも治った!」

錦糸町コンビは相変わらずの仲の良さでした。
他にも、メンバー同士とか、岸田さんとPESさんとか、いつもこそこそ話していて、仲がよかったですよ。

そして、『ラヴぃ』
リョウジ君のコール&レスポンスで、始まりました。
最初のドン、ドンっていう音が、肋骨に響いてちょっと痛くなったです(妹も痛かったらしい)

始まる時の、さりげないSUさんのダンスがカッコよかったです。
そして、噂に聞いていた振り付けもマスター(そんなに難しくないけど)してきました。

ライブに行くまでは、『juice』の方が好きだったけど、でも『ラヴぃ』も盛り上がって楽しかったww(単純)

最初は、
「どっちの曲もリップスライム名義で出せばいいんじゃ」
と思ったけど、聴いていく内に、
『ラヴぃ』はリップらしいけど、『juice』はやっぱりリップぽくないと思いました(前の方に書いた理由により)

『ラヴぃ』が終わった後、校長・教頭が再び登場して、一人一人占めの言葉を。

PESさん「これからもよろしくお願いします。」
至極まっとうな事を言ってました。

イルマリさんは覚えてません。

岸田さん「イルマリです!」
もうね、この人は!!最後までね!!イルマリさんのセリフ忘れたのもこの人のせいです。
でも、「一晩限りっていうのは、レコード会社とかが決めたことだと思うので、これからも機会があれば一緒にやりたい」と言ってました。ちなみに何度か、飲み屋でセッションはしているらしい。

大村さん「何度か“てっしん!”って言われてますが“たっしん”です!」
リョウジ君もその声を聞いたらしいです。私も聞いた。そして、それをさらに履き違えて、“テッシー”だと思ってました。大村さんごめんなさい!

リョウジ君、この人のも思い出せない。
多分、最高にいい曲が出来て~って感じだったと思うのですが。

次には校長が立っていて。
ホントだったら、校長・教頭をとばして、SUさんに行くはずが、
校長「いや~!」
と話し始め、お客さんが、
「えー!」
とか言ったら、校長
「え~!とか言うな!俺にも親がいるんだ!!」
「いいじゃん、俺らも入って、皆でバンドでもやれば!プリプリみたいな」
教頭がすかさず
「人数多すぎない!?」
と言ってました。

その間、SUさんと佐藤さんは、どっちもシンガリになりたくなくて、順番をゆずりあっていたみたいです。

そして、結果的にSUさん
「2500人?CD買って!?何かクイズ答えて抽選して?はぁ~、俺はミスチル買ったんだけど。」
ミスチル、確かデイリー1位。2位『ラヴぃ』3位『juice』でしたね。

そして、佐藤さん。
「えーっと・・・」
ここでカンペが・・・「面白く〆て下さい」だって。
「プリプリの『M』でも皆でやりましょう!」

どこでだったか、リョウジ君が「バンドやりたい」みたいな話をして、エアベース?を披露。
佐藤さんの前でやるのは恥ずかしかったみたいで、でもやってました。

最後に、
「また、何かやりたいね!」って話を全員でしていて、
それって誰に頼めば良いのかなぁ?と考えていたら、客席から
「スーさん!!」
と。
ナイス突っ込みだよ(笑)
SUさん、明らかに動揺してましたね。それまで、かなり気を抜いてたみたいだけど。大人なスーさんの動揺が可笑しくて、ステージ上も、客席も皆笑ってました。

私、こういう客席との掛け合いは大好きなんです。
こういう皆が楽しくなれる、突込みって中々入れられないですよね。


最後に会場全体とくるりっぷ、校長・教頭とで記念撮影。

その後、りっぷとくるりはステージを去り、
校長教頭による〆。

今後の放送予定とか、校長の「シングルベッド」アカペラとか?
ラジオと同じように、チャイムが鳴って、終わり。
校長。教頭は10:00から生放送で、9:15分までZEPPにいました。

終わった後は『juice』と『ラヴぃ』のPVが流れ、そしてホントに終了。
PVも大きなスクリーンで見るといいですね。

以上、くるりっぷレポでした。

終わった後、個人的に初めてブログで知り合った子とも会えて、凄く楽しい一日になり、2日経った今も、ちょっとドキドキしています。

でも、「mash up night」の方が楽しかったかなって、思うんです。
それは、リップスライムのパフォーマンスを見るのが初めてだったからか、それとも、今回のがライブオンリーではなくて、公開録音を兼ねていたからなのかは、分らないのだけど。

どっちにしろ、12日のDFMⅡに行けば、その答えが出ると思います。

行ってきました。
7月6日、zepp tokyo で行われた、TOKYO-FMの人気番組、「SCHOOL OF LOCKS!」の課外授業?

「りっぷとくるりのコラボライブ」

私が、会場に着いたのは19:30頃で、すでに入場が始まっていて、私は600番台の整理番号だったけど、妹が2000番台だったので、それに合わせて入りました。

中のロッカーに荷物を預けて、会場の中に入るとすでに人が沢山でした。

さすがに今回は、見られるだけでラッキーだし、SOLという番組が、10代向けの番組だということもあり、あんまりがっついていくと恥ずかしかったので、半分より前の、左側の入り口ドアに寄りかかってみていました。

開演に先立ってのアナウンスがSOLらしくて面白かったです。
20:00開演で、最初はラジオのSOLと同じ様にチャイムが鳴って、校長と教頭の後ろ姿が、正面中央のモニターにデカデカと写しだされました。

『校長のやましげです!』
キャー
『教頭のやしろだ!!』
キャー
お決まりの文句から始まって、
「今日ここにいる2500人はラッキーだ」
とかそういう話をしていた所、
『RIP LOCKS!』リスナーにはおなじみの、<ラップしりとり>の音楽が!
「じゃぁ、しりとりでうまく<り>で終わらせてそこからRIP SLYMEを呼び込もう」
と、いうことになったんですが、
よりにもよって、校長のえらんだ最初の言葉が
「しりとり」(笑)
教頭「いっちゃう??え、もういっちゃうの??」
校長「いっちゃいましょう!いいか!せーの」
校長・教頭・会場「リップスライム~」
の声で、リップの4MCが登場!
登場の後ろで、『Hot chocolate』のイントロがかかっていて、何とそのまま一曲歌ってくれました!!

ホッチョコ!生で聞くのは2回目。CDで聴いていたときは、こんなに盛り上がる曲だと思っていなかったのに、2回聴いてもやっぱり楽しい!!

余裕のある場所にいたので、全体がよく見渡せたのですが、今回はやっぱり皆、若い人に真ん中を譲ってあげている感じで、真ん中の盛り上がりは明らかにキャーキャーってすごいモッシュだったけど、それ以外はめいめいに自分の楽しみ方を見つけている大人が多かったですね。

ホッチョコ一曲が終わって、校長と教頭がステージ上に登場。
椅子を、自分達分と、リップスライム4人分持ってきたのに、意外と重かったらしく、途中で挫折する校長!

ここから、SOLの公開番組が始まりました。
校長が「あらためまして~」
と自己紹介をして、その後、教頭が
「この会場にテポドンが6発(リップと校長教頭合わせた数・一人一人盛り上げていこう的なニュアンスにしたかったらしい)いますから」
と、いいその後ずっとスーさんの様子がおかしくて、
校長が
「明らかにおかしい人がいますけど」
とスーさんに話を振ったところ、
「俺は何発目かな?」って考えていたらしいスーさん。
私と妹はただ単にスーさんが疲れてただけだと思っていた。だってその後も、ずっとおとなしかったから

その後、
「今日は、CDを買って抽選で来た2500人の他に番組の招待枠で、5組のラブぃカップルがいます」
という、説明があり、その五組のカップルが手を上げさせられて。
中には、女の子同士の子もいて
校長に「そういう関係??」と言われてました(笑)
その中から、一組のカップルにスポットを当てて話を聞こうとしたところ、リョウジ君から、
「ちょっと待った!!!」
と、ここでくるりの3人の呼び込みがあり、くるりの登場。

そして、スポットの当たった1組のカップルの話。
交際して10年のカップルの彼女さんが、彼氏に
「結婚してください!」
といい、彼氏はOK!
という、まぁ・・・ね。
カップルには思い出になったけど、リスナー的にはあんまり面白くないコーナーで。でも、みんなおめでとう!!って言ってあたたかい雰囲気ではありました。
一生懸命リョウジ君が盛り上げていて。
交際が10年と聞いたとき、ぽかんとしてたPESさんの表情が面白かったのと、
プロポーズの後の、彼氏の慌て様と!彼氏のOKの後のスーさんのはしゃぎっぷりが可愛く!
結局、カップルよりステージ上に目がいっちゃってました。
ゴメンなさい。

岸田さんにいたっては、校長に
「カップルに質問はありますか?」
と聞かれて、考えるものの・・・
「ごめんなさい、ないです!」
と、めっちゃやる気ないやん!このとき、岸田さんが面白い人だと会場全体が気付き始めた感じ(笑)もちろん、私も含めてだけど。

その後カップルは、
校長のなぞの
「おっま~かせ!おっま~かせ!!」
コールで、2500人の見守る中、キスしてました。

そのキスを見て、SUさんは
「唇が乾いた。」
らしいです(笑)何度も唇をなめてました。



そのラブぃカップルの話から、どうしてくるりとリップがコラボする事になったのかの話になり・・・

SUさんから説明で、
「リョウジがくるりをチューしたいくらい好きだから!」
みたいな事を言ったら、
めっちゃ、岸田さんが唇なめていて(爆)リョウジ君を凝視してました。みんな、大爆笑!!やっぱり岸田さん、何かいい味出してる!!

それから、スクリーンで、コラボすることになったいきさつをまとめた、スペシャルな映像を見ました。

この日のためだけに作られた、スペシャル映像。
ナレーターが「坂上みき」さんってだけで、すごくないですか??
去年のセットストックがきっかけらしく、その頃の写真が沢山写っていて、その中には、全然関係ない、リップメンバーと奥田民生さんの記念写真も。。

そして、その後のカウントダウンジャパンでの再開後、正式にやる事になって、2月に苗場合宿したらしい。

ここは、写真じゃなくて、映像でした。
苗場でのホテルの予約表は「成田家ご一行様」だって。
でも、その上に「桐生第一高等学校様」って文字があって、私、昔その近くに住んでいた事があって
(群馬ね群馬)そっちに妹と反応してしまいました。


ホテルでクワガタ?のUFOキャッチャーをやるメンバー(主にイルマリ氏)が見所。おっさんばっかでなにやってるんでしょ。

スノボで転んでばかりのSUさんも、
意外と運動神経良くないんだ!と思い、親近感がわいてきました(えっ)
そして、やってくれました彼。
岸田さんね~、スノボ合宿なのに、途中であっさりスキーに・・・
そして、メガネの上にゴーグル!!!見えるんですかね?


そして、映像が終わって、いよいよ
「夢のコラボライブ」スタートです。


つづく








200607070654000.jpg



朝6時の八重洲口。

こんなに人がいない八重洲口を初めて見ました。

昨日は、「SCHOOL OF LOCK!」
プレゼンツのリップ×くるりのライブだったんですが、終わって2時に横浜の家に帰り、その後5時に起きて東京から福島に行ったので、
いま凄くつかれています!!

レポは、バイトの終わった後に~書ける・・・かな?
頑張ります。

では、出陣(泣)

かつて(高校生くらいの時)結婚したい人no1だった、トミー・リー・ジョーンズが、缶コーヒーの「BOSS」のCMに出てます。

新バージョンでは、
「イチキュッパ、イチキュッパ」
と、頭に変なカチューシャ付けて言ってますね~。

あぁ、可愛い。

すっごいイカツイおじさんが、変なカッコとかさせられてると、きゅんときません??

前に、「愛のエプロン」見ていて、渡哲也がエプロン着て、
「コンロの火のつけ方が分らない!」
ってオロオロしていたのが、もうツボでツボで(笑)

今の男の人って、ちょっとナヨっとした人が多いので・・・
頼れる感じの男の人を探していくと、どんどん年齢が上になってしまいます。

いや、若い人でも、頼れる人はいるんだと思う。
ただ、私がナヨっとした人に好かれやすいだけで(爆)

あぁ、理想と現実はうまくいかないモンですね。。。

最近、土日に父がヨットに乗りに行ってます。
父&私は船舶免許を持っているのですが、私はアトピー気味だし、日に焼けるのは好きではないので、あんまり船に乗りたくありません。

父も前は1年に1回、知り合いの船に乗せてもらって満足していたのに、最近、船を買いやがりました!!

私が絶対に付き合わないので、母が犠牲になり(日焼け完全武装で)船に同乗しているのですが、

母から聞く、父の浮かれっぷりが面白い。

まるで子どもが、おもちゃで遊んでいるような浮かれっぷりらしいです。

「マー君(父)のお船遊び」
父が船に乗りに行く事を、
影で私と母はこっそりこう呼んでいます。

母に
「帆を張れ!」
だの、
「前進!」
だの、すっかり船長になりきって、遊んでいるらしいです。

そんな我が家の船長。海に車&船舶免許をおとしました(爆)

今週の日曜は、船長お休みです。

 | HOME | 

プロフィール

kanami

Author:kanami
20代前半・女子



好き:マシュマロ、紅茶、川上弘美、司馬遼太郎、坂本龍一、漫画、ゲーム、代官山、ドイツ、ブルー、手のきれいな人、スニーカー、スカート、アロマキャンドル

嫌い:甘い飲み物、海水浴、ヘッドフォン(耳が悪くなりそうで怖い)、ジーンズ(カッコよく履けない)、恋愛映画、指輪など手に何かをつけること(落ち着かない)

ハマリもの:ハリボーのグミ


ランキング参加中!







カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2アフィリエイト

FC2BLOG


FC2カウンター


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ドレミFlash


ブログ内検索


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。